【谷川 悠】 「……触らないで、お願い!!」